■またまた行ってきました
2015年4月、ディズニーに行ってきました。
4月というと桜や入学式のイメージですが、ディズニーの中ではイースターの季節です。
私は高校がキリスト教系だったのでだいたいのイメージが沸くのですが、
一般的にはそもそもイースター自体を知らない方も多いようです。
ハロウィンが広まったきっかけのひとつにディズニーのイベント効果もあったようなので、
もしかしたら数年後にはイースターもメジャーなものになっているかもしれませんね。

■パークは閑散期
3月は卒業旅行や春休み中の学生で血の気が引くくらい混んでいるディズニーですが、
4月になると途端に平穏を取り戻します。
今回普通の土日にランドとシーに行ったのですが、両パークとも空いていて、
ランドでは10個以上のアトラクションに乗れました。
どれも待ち時間20分以内で乗れたのでとても快適です。
4月は気候も良いですし狙い目かもしれません。

■自撮りのチャンス
パーク内は春らしく、どこもかしこもお花で装飾されていて華やかです。
これはなんでなのか分からないんですが、花でいっぱいのパーク内で写真を撮ると、なぜか人の顔色まで良く映ります。
カメラに詳しいわけではないんですが、素人の私が見てわかる位映りが違いました。
最近のデジカメやスマホのカメラって自動補正機能があるみたいなので、
カラフルなお花の背景を基準にして色彩を補正してくれているのかも?
自分のスマホにこんなに綺麗に撮る能力が備わっていたとは…。
普段からこの位で映してくれたらいいのに!
自撮りする時はお花の近くでぜひ!

■イースターパレード
さて、今回のディズニーのみどころはなんといってもイースター仕様のパレード。
特にランドの方のミッキーの衣装がとっても可愛いんです。
イースターなのでウサギや卵モチーフのパレードなのですが、ミッキーもウサギの耳がついた帽子をかぶっています。
後ろ姿にはウサギの尻尾も付いているんです。
「え、じゃあミッキーの耳と尻尾はどうなっているの?」と思った方、
たぶんネット上にたくさん画像があると思うので見てみてください。
うまいことウサギ要素が入っていてほんと可愛いです。
パレード中、「ヒッピティホップティ」の音楽が掛かっているんですが、その振り付けもぴょんぴょんとウサギ感があって目が離せません。
「ウサギがぴょん、タマゴがポンっ!」の歌詞が頭から離れなくなります。

パレードは1日に2・3回同じ内容のものがあるので、自分の都合の良い時間に見ればよいのですが、
ちょっとの雨でも中止になったり、晴れていても強風の場合は中止になります。
アトラクション以上にパレードは中止になりやすいので、見れる時に見ておくのが一番です。



■はじめてのスプラッシュマウンテン
絶叫系が得意ではないので避けて通っていたスプラッシュマウンテン。
なのにUSJのハリウッドザドリームは乗ったことはあるんです。
ネットの評判を見ても、USJのが乗れるなら大丈夫とのことだったので、それを信じていざスプラッシュマウンテンへ。

外から見ていると、コースターが急降下して水しぶきを浴びている部分しか見えないので、
さぞ怖いアトラクションだと思っていたのですが、入ってみてびっくり。
かわいい動物たちがお出迎えしてくれます。
コースターに乗ってしばらくはイッツアスモールワールドと変わらない感じで、ゆっくりと舟が進みます。
動物たちが楽しそうにしていて、音楽も陽気です。
しかし徐々に暗いところへ入って、音楽も無くなります。
もう落ちるのかな?とも思ったのですが、まだ室内。外からも見えたということは落ちるときはもっと明るいはず…。
ですが!急にスピードが上がって落ちました。
外から見える部分だけが急降下するというわけではなかったようです。

急降下の後はまた元の明るい感じにもどって、動物たちが笑い合っています。
最初は可愛く見えた動物たちですが、次はいったいどこで落ちるのか、ヒヤヒヤしてそれどころではありませんでした。
ちなみにウサギが滝つぼに落とされる、というストーリーなので、最後に水しぶきを上げて急降下するようです。
アトラクションに乗っている時間が意外と長かった印象です。
まだ乗ったことのない方はぜひ乗ってみてください。