なんということでしょう、今年の秋はディズニーハロウィンに行けませんでした。
カバンにハロウィン仕様のダッフィーを付けている人を街中で見るたびに羨ましく思っておりました。
今回は悪役が主役という一味違ったショーだったので、行かれた方はさぞ楽しまれたことでしょう…。
ハロウィンに行けなかった分、クリスマスを楽しみたい!と切り替え、ディズニーシーに行って来ました。

◇クリスマス期間のシーのショー
ショーとしては昼のものと、夜のカラーオブクリスマスの2種類があります。
昼のショーは、ミッキー達がそれぞれ「クリスマスといえば?」という話をするのですが、周りにいる人たちを大切にしようと思えるような内容でした。
小さいころはただただ楽しかっただけなのですが、もうこの年になるとミッキーミニーの平和な世界観や純粋さに涙が出てきてしまいます。
悲しい映画や小説を見て泣くことはありますが、心が温かくなって涙が出ることって日常生活ではまず無いので、泣いている自分にびっくりしました。

夜のショーはハーバー中央に出来た大きなクリスマスツリーに、ミッキーと仲間たちで飾りつけをしていく、という内容。
花火が上がったり、水面に次々と明かりが灯っていく過程はとっても綺麗でした。
ミッキーたちが飾り付けをしたツリーは、ショーが終わった後もハーバー中央に残ったままになるので、後からゆっくり写真に収めることができます。
水面に写るツリーの光はとっても綺麗なんですが、なにせ写真に写りにくい!水面が揺れているので、光や人物がすごくブレて写ります。
スマホの写メで撮る時は複数枚撮っておいて、ブレていないか確認が必須です。

◇混雑でファストパスが…
ディズニーのアトラクションに乗るにあたって、命綱といっても過言ではないファストパス。
しかし今回はどのアトラクションも猛スピードでファストパスの発券が終了していきました。
通常の土曜日でここまで混雑していたパーク内は初めて経験しました。
この日は週間天気予報でも前々から「晴れ」と言われていて、当日も見事な「快晴」でした。
やはりテーマパークの混雑には天候が大きく関わるんだなーと実感させられました。
普段はトイストーリーマニア、タワーオブテラー、センターオブジアース、ストームライダーのファストパスを取るのですが、センターオブジアースが早々に発券終了してしまい取れませんでした。
初めて正規ルートで2時間ほど並んだのですが、もう病みそうでした。
センターオブジアースはその名の通り、地球の真ん中(地底深く)へ行くというコンセプトなので、待ち列の場所も暗くてゴツゴツとした岩の壁が続いています。
洞窟のような場所にひたすら2時間並び続けると、身体的な疲れより精神面が折れました。
いままでは人気のアトラクションから先にファストパスを取っていましたが、今後の混雑時は待つ時の環境も考慮に入れたほうがいいかもと思いました。

◇ 破竹の勢いのダッフィー
いままでダッフィーグッズにどれだけのお金を費やしてしまったのか、合計額は考えたくもありません。
熊のキャラクターは人気が出やすい、というのはキャラクター業界で昔からある定説だそうなので、
まんまとそれに引っかかってしまいました。
たしかにディズニーのプーさんだけでなく、日本でもリラックマやクマモンは根強い人気ですものね。
しかしさすがダッフィー誕生10周年。グッズがさらに充実しています。
ちょっと前までぬいぐるみ関連以外はメモパッドとかハンカチ程度だったような気がするのですが、
今やよだれ掛けなどのベビー用品や、モコモコ素材の部屋着や靴下等の衣料品まで商品展開していました。
近い将来、家の中の全てがダッフィーでまかなえる日が来るかもしれません。

◇クシャミするゴミ箱
雨が降った後、ホウキと水溜りの水でミッキーマウスの絵を描きながらパーク内を掃除するキャストの方の話は有名ですが、
今回新たなパフォーマンスをするキャストさんを発見しました。
ゴミ箱を持ったキャストの方に、ゲストの方が道をたずねていました。道案内を聞き終わってゲストが去ろうとした時に突然、かなり特徴のある声で「クシュン!」と大きな大きなクシャミが聞こえました。
何事かと思って見てみると、ゴミ箱がクシャミをしていました。(たぶん、ゴミ箱のなんらかの装置で音を出したか、キャストの方がゴミ箱から聞こえたように見せているのですが、とにかくゴミ箱がクシャミしたんです)
普通の道中でそれが急に起こったので、私を含め、周囲の人はかなりびっくりしてました。というか何が起こったかわからず少し引いてました(笑)
でもあの方の仕事内容としては、ただ「ゴミ箱の中身を捨てに行くこと」なのに、その運搬の道中でさえみんなを喜ばせる何かをしよう!としているのがすごいなぁと思いました。

◇ショーの抽選アプリ
ショーの抽選をスマホのアプリからできるという、今年秋から始まったシステム。
注意事項などはネットで見て頭に入れていたのですが、使うのは今回初めてでドキドキ。
まず、スマホの位置情報を読み込ませるところから始めます。
シーの抽選はシー、ランドの抽選はランドにいる時にしかできません。
そして普段の抽選機と同じように人数分のバーコードを読み込んで、確定。
で、私は案の定落選でした。
私の思い違いかもしれませんが、機械で抽選するときより早く画面に「はずれ」と出たように思います。
年に何回も行っているのにまだ一回も当たったことがないんですよ、逆にすごくないですか?(笑)
この確率なんなんでしょうかね…。また懲りずに挑戦してみたいと思います。