中華人民共和国、上海への旅行

年末年始、初めての中国へ行ってきました。
日本の時差は-1時間。上海は中国の中でも最も人口の多い都市だそうです。
時差のある場所へ行くのが初めてだったのですが、気付いた時には電話の時計が自動で中国時間になっていたので驚きました。
そして、私が普段使用しているSNSが全て使えなくなりました。 中国からは閲覧できないように規制されているようです。 メッセージなどの通知が入り通知の数がどんどん増えていくのに内容が見れないと、より一層気なってしょうがなくなるのも不思議ですね。 日本にいる家族や友人に連絡を取ることも、SNSの投稿も出来無くなってしまいました。
前もって家族や友人に中国滞在中は連絡がとれないと伝えておくか、中国でも使用可能なツールもありますのでアカウントを作って行くべきでした。

空港からホテルへ向かう為にタクシーに乗りました。たまたま私たちが乗ったタクシーの車内は、砂埃がたまり窓ガラスも変形し、かなり使い込んだタクシーでした。出だしから少し心配になりましたが、上海の中心に向かうにつれどんどん都会になり、つい見とれるほどの変わった形の高層ビルも増えていきました。
外の空気は私が思っていたよりは濁りがなく、高速度道路を走る自動車の中には日本車が多かった事も意外でした。

夜、外灘(ワイタン)へ行けば水面にも、ライトアップされたビルが映りとても綺麗でした。

地下鉄

地下鉄にも乗ってみました。 地下鉄の改札には荷物チェックがあり、検査機に通すように指示があります。
地下鉄を利用する人がは非常に多く、しかも電車のドアが開けば人の乗り降りが同時なので大変でした。

年越し

年越しを上海で過ごしたのですが、昼間は日本の大晦日と違い年末年始の特別感が無く、 クリスマスツリーがたくさん飾られ、まだまだクリスマスモードでした。
中国の正月は2月中旬の旧正月が重要で、1月1日はほぼ平日という雰囲気でした。

夜はやはりカウントダウンで盛り上がり、外灘(ワイタン)に人がたくさん集まります。
日本でもたくさん取り上げられていましたが、外灘(ワイタン)でのカウントダウンでは死者がでる大きな事故がありました。
実は、私たちも外灘(ワイタン)で日本より1時間遅く年を越しました。
周辺はとても混雑しており、川に近づけないどころか前にも後ろにも進めない状態でした。本能的に危険を感じたのか、それ以上進むのをやめました。
その場所からでも川の向こう側のビルが見え、「10、9、8、7・・・」というカントダウンはビルにも映し出され、かなり盛り上がりました。

祇園祭の歩行者天国以上の混雑にも関わらず、人ごみの中を進もうとする車がいたので本当に驚きました。
初めて見た光景でした。

日本で中華料理屋は多いのですが、実際に中国で食べる食事は口に合うか心配でした。
百貨店のレストランから屋台まで色んな場所で食べてみましたが、どうやら中国独特の香辛料「八角」だけは口に合いませんでした。
チベット族の人たちがモクモクと煙を出し焼いていた羊肉の味付けにも八角が使われており、独特なクセのある味でした。

そして忘れられない料理、臭豆腐…。「なんか臭い!」と思ったら臭豆腐の屋台があります。豆腐を腐らせた料理で、元々豆腐が苦手な私は地獄のようでした。しかし日本では目にしない奇妙な料理なので口に合わないと分かりながら買って食べてみました。味は臭い程ではありませんでしたが、やはりダメでした。
中国で臭豆腐屋を見つけられた方は是非、食べて頂きたいです。口に合う方も大勢いらっしゃいます。

肉、魚、野菜、果物、食用の蛙などが売られている市場へ行ってみました。肉といってもカットされてパックに入っている物ではなく動物の姿が分かるようなものでした。気分が悪くなりそうだったのでさっさと市場を後にしました。日本にいると動物の姿を見ることなくお肉を調理し食べるので、食材として並べられた動物の姿を見て少しショックを受けました。こういう類いが苦手じゃなければ、普段見ることが出来ない物を見れる市場もオススメです。

二泊三日という滞在期間でしたが、日本とは違う様々な違いを見ることができました。
まず、中国では列を作らないと聞いた事がありましたが、確かにそのような場面はありました。
船に乗る際、乗り場には列がなかったので戸惑い、結局最後の方に乗り込みました。
順番を抜かす、抜かさない等という問題ではなく「わざわざ列を作らない」ただ単純にそれだけという感じでした。
少しずつ慣れ、コツを掴んできます。(笑)
少し強引に入られたり入ったり、お互い気にしていないようにも見えました。

このような場面でも嫌な気分にはならず、日本とは違う習慣を感じることができて面白かったです。
そして、食事の際、合席が多いことに驚きました。
ショッピングモールに入っている、カウンターで注文するスタイルの水餃子屋さんに入りました。
座席を確保するのが大変でしたが、こういう場合、ごく普通に合席をします。4人掛けの席に知人3人と、見ず知らずの男性が1人…。なんとなく気まずいと思いましたが、合席の男性は特に気にしている様子もありませんので、だんだん気まずさも無くなっていきました。
思わぬところで思いもしない習慣があり、戸惑いましたが面白かったです。

初めて行くなら外国人が多く、発展している上海がオススメという事でしたが、少し地方も気になります。